COLUMN

Gmailをメールソフト(Outlook Express)で送受信する方法

Gmailアカウントをメールソフトで運用する方法を記します。
ここではWindowsユーザーのシェアNo.1のOutlook Expressとの送受信同期を説明します。

Gmail側の設定

①まずはGmail側の設定です。Gmailにログインし、ページ右上にある「設定」をクリック

②設定画面でメール転送とPOP/IMAPをクリックします。

③過去に受信したメールもすべて受信したい場合は「すべてのメールでPOPを有効にする」を選択し、設定後に受信するメールだけをメールソフトで受信したい場合は「今後受信するメールでのみPOPを有効にする」を選択して、「変更を保存」をクリックします。
Gmail側の設定はこれだけでOKです。

Outlook Express側の設定

次ににOutlook Expressの設定を行います。
①OutlookExpressを起動し「ツール」→「アカウント」を選択して下さい。

②アカウントの設定画面が立ち上がるので「メール」タブを選択し、右側の「追加」を選択しクリックして下さい。

③「追加」から「メール」を選択して下さい。

④メールアカウントを追加するためのウィザードが立ち上がりますので、表示名部分に任意の表示名を入力、次へをクリックします。

⑤送受信に利用するメールサーバを入力し「次へ」をクリックします。
Gmailの場合は受信は「pop.gmail.com」送信は「smtp.gmail.com」となります。

⑥Gmailのメールアドレスと、必要であればパスワードを入力し「次へ」をクリックします。

⑦これでアカウントの設定は終了です。

⑧次にサーバの設定を行います。
インターネットアカウント設定の画面で「メール」タブを選択し、設定したアカウントを選択し「プロパティ」をクリックします。

⑨ダイアログが立ち上がるので「詳細」タブを選択し送信、受信とも「このサーバはセキュリティで保護された接続(SSL)が必要(Q)」にチェックを入れ、それぞれ下記の値を入力して適用をクリックして下さい。
送信メール(SMTP)部分に「465」
受信メール(POP) 部分に「995」

⑩「サーバ」タブで「セキュリティで保護されたパスワードで認証でログインする(S)」にチェックを入れ、「OK」をクリックすればOutlook Expressの設定は完了です。

メールソフトのバージョンやGoogleのバージョンによって微妙に表示内容が変わる場合がございますが、基本的に上記の設定でOutlook ExpressでGmailを操作できるようになります。

カテゴリー: Webマスター.

このページのトップへ

お問い合わせフォーム お見積もり・ご相談フォーム